【成功率アップ】モテる男のLINEを使ったデートの誘い方を徹底解説

悩む人

マッチングアプリでLINE交換できたけど、デートの誘い方がわからない!
モテる男のLINEってどんな感じなの?

悩む人

デートに誘っても断られてしまう…

LINEって難しいですよね。

いい感じにLINEで盛り上がってきたのに、既読無視されてしまい、原因が何なのかわからないと思います。

せっかくマッチングアプリでLINE交換できたのに、勿体無いです。

ネットで調べても当たり障りのない情報で、細かく書いていないことが多いです。

今回は、モテる男のLINEを使ったデートの誘い方(セリフ付き)と当日までのLINEのやり方を細かく解説していきます。

この記事を読むことで、女性とのデートの約束が確実にできるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

デートの誘い方のポイント

多くの男性がデートに誘っても断られる原因は、誘い方に問題があります。
問題は言い方ですね。

モテる男は、うまい言い方によって、物事を有利にしていきます。

LINEのメッセージのやり取りでもLINE電話でも使える方法です。

今回する誘い方を応用するだけで、デートだけでなく仕事でも使えることができます。

既にデートの約束ができている方は、女性との立ち振る舞いについて事前に見ておきましょう。

>>【絶対条件】モテる男のデートでの立ち振る舞いや話し方を完全解説

2つの選択肢を与えて決める

えいと

10日か11日だと、どっちが空いてる?

女性

10日か11日だと、11日かな?

えいと

OK!じゃあ11日ね!

デートする前提で話を進めているということが重要なポイントです。なぜなら、デートをすることよりも先に2つの日にちの予定を考えてしまうからです。

日にちが確定してから女性がデートをするかどうかを考えてしまいます。

マッチングアプリでLINE交換ができた時点で、あなたを男として見ているため、ほとんど断られることはありません。

10日以内に日程を決める

できるだけ早い日にデートの日程を決めるべきです。なぜなら、遠ければ遠いほどあなたへの記憶が薄れていくからです。他にもドタキャンのリスクもついてきます。

マッチングアプリの市場の女性は、モテています。
日程が遠いほど、他のライバル男性が女性にアプローチをしていきあなたの記憶が薄れていきます。

10日以上先のことまで、女性の日程が埋まっていることは、ほとんどないです。多忙過ぎるならマッチングアプリをしていません。

日程は、ライバル男性よりも先手を打つようにしましょう。

時間帯や場所の決め方

付き合う日は、ディナーをおすすめします。

なぜなら、昼より夜の方が雰囲気が作りやすく、告白の成功率が高いからです。

パターン
1回目のデートで付き合いたいパターン

ディナー→付き合うの流れが理想

パターン
2回目のデートで付き合いたいパターン

カフェ→数日置く→ディナー→付き合うの流れが理想

付き合える確率が高いと判断できるならディナーを選びましょう。もし付き合えるかわからない場合にディナーに行くと、コスパが悪いですよね。

いきなり遊園地や水族館は、重く見られてしまうので、付き合ってからのデートにとっておきましょう。

補足として、女性からのお店の提案は断るべきです。

  • 高すぎる高級店に行ってしまう可能性
  • ぼったくりバーなどのお店に連れていかれる可能性

近年、マッチングアプリの普及で上記のようなお店に連れていき、店主から紹介料をもらう悪質な女性が増えてきています。
トラブル防止のためにも、男がお店は決めていくべきです。

日程決めで起きるエラーの対処方法

女性

再来週以降じゃないと空いてない

女性

ごめん、その2日間空いてない

上記のような発言は、よく出てきます。
対処方法は、強気でいくことです。

なぜなら、現時点であなたとデートすることの優先順位が低くなってるからです。仕事の都合上等で、本当に空いてない場合は、女性から日程を提案してきます。

それでもデートがしたい場合は、

えいと

遠いから10日以内に空いてる日教えて!

女性

んー、ちょっと難しい

えいと

そう、残念!

最後の「そう、残念」の一言でLINEのラリーをやめましょう。

北風と太陽理論のように、追ってダメなら引いて様子を見るべきです。

一度引いてみることで、「女性に困っていないと思わせることができる」ので、時間が立つと女性から誘ってくることもあります。

デートに誘う時の言い方

実際、僕が使用している言い方を2つ紹介します。

誰でも使える方法ですので、参考にしてみてください。

「デートしよう」

ポイントは、シンプルにストレートに伝えることです。
なぜなら、ストレートに伝える方が男らしさを感じるからです。

下手な理由づけをするぐらいなら男らしく誘う方が、成功率は高いです。
理由付けが必要と発言している方がいますが、デートを誘う時に使うべきではありません。

「一緒にご飯食べ行こう」

ポイントは文頭に「一緒に」をつけることです。
なぜなら、女性は共同作業が好きだからです。

女性は2人で何かの作業をすることで愛情と親密感を覚えやすいです。

代表例が結婚式のケーキ入刀です。
初めての共同作業としての儀式があるぐらい女性は共同作業に憧れを感じます。

  • 一緒にカフェでゆっくり話そう
  • 一緒にデートを楽しもう

文頭に「一緒に」を付けるだけで、女性の捉え方は変わってきます。

デートの日程が決まるまでのLINEの返信頻度

デートの日程決めまでの、LINEの返信速度は早めにしておくべきです。なぜなら、他のライバルに先にデートの日程を決められることを防ぐからです。

可能であれば、LINE電話で日程を決めることを推奨します。お互いの声を聞くことができて、親近感が沸きやすくなります。また、LINEメッセージより電話の方が、当日のドタキャン防止につながります。

デートが決まるまでは、早めの返信か電話で決めるべきです。

デートの誘い方のNGパターン

恋愛初心者がよくやりがちな誘い方を紹介していきます。

他のネットでは、記載していない情報まで言語化しました。

なぜ、NGなのかの解説も細かく記載してますので、参考にしてください。

「もしよかったら〜」

  • もしよかったらデートしませんか?
  • もしよかったら今度お茶しない?

接客業をされている方だとよく耳にする言葉です。

しかし、デートで使ってしまうと高確率で断られてます。なぜなら、相手に対して「 YES」か「NO」の選択肢になってしまうからです。

「もしよかったら〜」は、自分の身を守る言い方です。
つまり自分の価値を自ら下げてしまう行為なのです。

男らしさが半減してしまう言い方は避けましょう。

女性に決めてもらうこと

モテない男がよく勘違いすることです。

優しい男を意識して、毎回女性に聞くことです。

  • どこがいい?
  • 何時がいい?
  • 〇〇ちゃんが良ければどこでもいいよ!

上記の発言は、優しさではなく責任を女性に擦り付けている行為なのです。もし女性が決めたお店が美味しくないお店だった場合の責任は、女性になります。

女性は責任を取りたくない生き物なのです。

「俺についてこい」ぐらいの男の方が女性は好みます。「時間」「日にち」「場所」など9割は、男が決めるべきです。

デートが決まった後のLINEのやるべきこと

デートが決まっても、必ずデートができる保証はありません。

デートの当日までは、LINEのラリーをしていく必要があります。

付き合うまでは、ライバルがいることを忘れないでください。

嫌いな食べ物やアレルギーを聞いておく

えいと

嫌いな食べ物やアレルギーある?

嫌いな食べ物やアレルギーを聞いておきましょう。

なぜなら、女性の嫌いな食べ物を目の前に食事をしてしまうと、あなたの印象や女性の気分が悪くなり、デートが失敗するからです。

最悪の事態のことも想定されるため、アレルギーは嫌いな食べ物よりも気を遣うべきです。デートの場所を決めたとしても聞いておきましょう。

デートの日程をメッセージ内に残しておく

LINE電話の場合は、口約束のためメッセージに残しておくべきです。
なぜなら、女性が忘れてしまう可能性があるからです。

女性は、その日の気分で変わってしまう時があります。

別の予定を入れられてしまうとドタキャンに繋がってしまいます。

「日にち」「時間」「場所」は最低でもまとめて送るべきです。

デート前日と当日に確認の連絡

デート前日
えいと

明日のデート楽しみだね

女性

そうだね。デート楽しみ!

えいと

明日、19時に〇〇駅前に集合ね

女性

19時ね。わかった

デート当日
えいと

おはよう。今日はよろしくね

女性

おはよう。こちらこそお願いします

えいと

19時の時間に間に合うように仕事するわ!お互い頑張ろう!

女性

私もそうするようにする。頑張りましょう!

上記のように確認の連絡はしましょう。
なぜなら、女性が忘れている可能性とドタキャン防止になるからです。

確認の連絡をしないとドタキャンだった場合、時間の無駄につながります。
前日と当日に連絡が返ってこない場合は、潔くあきらめることです。

連絡が続いてる場合は、おしゃれをしてデートにいきましょう。

>>【損しない買い物方法】絶対持つべき女子ウケファッションアイテム4選

デート確定後のLINEの返信頻度

デートが決まるまでは、返信は早めを推奨しました。

しかし、デートが決まって以降は、返信は早めにする必要はありません。

理由は3つ
  1. LINE内で会話をしてしまうとデート時の話すネタがなくなる
  2. 自分も相手も時間が奪われてしまい、他のことに手が回らなくなる
  3. 早すぎると暇人扱いされて、希少性がなくなる

自ら自分の価値を下げてしまうため、特に3には気をつけるべきです。
デートが決まった後のラリーは、1日5通程度にしておきましょう。

まとめ

今回は、モテる男のLINEを使ったデートの誘い方を解説しました。

  • 2つの選択肢を与えて決める
  • 10日以内に日程を決める

誘う際の言い方には気をつけましょう。
デートしよう!か一緒にご飯食べにいこう!の一言で十分です。

デートの日程が決まった後のLINE頻度には充分注意しましょう。

えいと
恋愛コンサルタント
マッチングアプリで美女を彼女に作ることをコンセプトのブサメンの美女攻略ブログを運営。このブログを読むことで美人や可愛い子と交際するコツが発見できます!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる