デート

【有料級】付き合う前のデートで女性を惚れさせる方法を徹底解説

・2回目のデートができず、断られてしまう

・デートができたのにも関わらず、事がうまく進まず原因がわからない

・好きな人を惚れさせて、付き合いたい

世の中、デートもできない男性も多くいます。

しかし、デートができたとしても、デートの内容次第であなたを友達として見てしまう可能性があります。

デートで中々うまくいかない方のために記事を書きました。

・あらゆる女性を魅了させる事ができ、リア充生活を送ることができる。

・女性を惚れさせるだけでなく、深い関係性を構築することができる。

・人間関係が存在する中で「人を動かす」事ができるようになる。

女性を惚れさせるには「未来トーク」

なぜなら、女性は未来を感じたい生き物だからです。

これは男性でも言えることだが、女性は男性よりも効果があります。

この未来トークは女性の本能の「繋がりたい」と思う部分を刺激するイメージです。

男性側で考えて見ましょう。

なぜ好きになったのか?

なぜ口説いているのか?

もし付き合えたら、

車でドライブデートして、

友人に「彼女めっちゃ可愛いね」と言われて

女性と一夜を過ごて…

自然に自分の中で楽しい未来を想像しているはずです。

女性にも楽しさを想像させることが重要なのです。

3つのポイント

未来をイメージさせること

具体的な方法はあなたと付き合っている前提で未来をイメージさせることです。

想像させた未来の、楽しい状況を細かく説明して欲求を刺激します。

例えば、

」「カフェが好きな女性に対して、

「真っ青な空に、潮風が気持ちよく吹いていて、ふかふかなソファに座って、香ばしいコーヒーの匂いを楽しみながら、ゆっくりしたいよね。」

甘いものが好きな女性に対して

「お店全体に香りが漂うぐらいの匂いで、ホッペが落ちるぐらい、柔らかくてめっちゃ濃厚なチョコチーズケーキを食べたいよね。」

状況を細かく説明して女性にイメージさせる事がポイントである。

 Whenを明確にすること

なぜなら、現実性がないからである。

「○日に」or「○日までに」など、

具体的な日程を伝えないと効果がない。

逆の立場を考えてほしい。

「〇〇君、今度カフェ行こうね。」

「〇〇君、○日にカフェ行こうね」

どちらの方がまた会えると思えるのか。

2番目の方が次会えると思えるはずだろう。

上記の例文に対して、

今度、海が見えてゆっくりできるカフェに行こう!」

○日に、海が見えてゆっくりできるカフェに行こう!」

具体的なWhenを伝えることによって、女性の中で現実性が増し、繋がりを持たせることが重要なのです。

2つの約束を取り付けることによって、2回目のデートは断られなくなるのである。

その未来を叶えてあげること

なぜなら、叶えてあげることによって「口だけの男じゃない」と思うからです

「未来を想像させて叶えてあげる」ことで惚れてしまうのです。

約束をしたことを叶えることで、今よりも魅了させる事ができ、信頼関係が深くなります。

未来トークをしたのに何もしなかったら、自ら自分の価値を下げる行為に値してしまいます。

未来トークを使うための注意点

叶えられない未来を約束しない

例えば、

「海外旅行に行って、高級ホテルに泊まって…」

「早く結婚して、子供産んで、大きいお家を建てて…」

など内容によってのハードルが高いことに関して叶えようとしないことです。

また金銭的なハードルを叶えることによって、2つ損することになります。

・女性に舐められてしまい、あなたを「銀行口座」のように思われてしまう。

・いちいち女性の発言に反応してしまうことでだと思われる。

叶えられない未来トークを挟まれた場合、どうすれば良いのか?

否定せず、共感してあげることでその場を切り抜けることです。

うまく交わすこともコミュニケーションの一つです。

頻繁に使わないこと

1人の女性に未来トークを頻繁に使うと希少性が薄くなるからです。

簡単に舐められてしまいます。

男としての価値を自ら下げないようにしましょう。

話が盛り上がったところで使うこと

いきなり最初から使用しないことです。

なぜなら、あなたを不審に思い余計に警戒されるからです

話が盛り上がったところで話すことで、女性はその場の楽しい雰囲気を壊したくない理由で不審に思われないです。

注意点を意識して使うことによって、女性を惚れさせる事ができます。

まとめ

女性を惚れさせる方法は、

「未来トーク」

①「女性にイメージさせること」

②「Whenを明確にすること」

③「その未来を叶えてあげること」

「叶えられない夢は約束しない」

「頻繁に使わない」

「話の盛り上がったところで使うこと」

「ハードルの高いトークは共感してうまく受け流すこと」

ぜひ参考にしてください。